税理士になりたいと思ったときに

税理士になるためのノウハウ教えます

税理士と国家試験

税理士になるためには国家試験に合格しなければなりません。 しかし、国家試験を受けるための資格があるのはご存知でしょうか。 まず税理士になるためには、国家試験の受験資格を得なければなりません。 では、どのようにすれば受験資格を得られるのでしょうか。

税理士国家試験とはどんな試験なのか

とにかく難しいという話を聞く税理士国家試験ですが、実際どのような方式で行われ、どんな科目があるのでしょうか。 また合格ラインは何%なのでしょうか。 さらに一回での合格は困難と言われていますが、合格までの道のりはどのような苦労があるのでしょうか。

税理士国家試験を受けるには

税理士というと、国家試験を受験して合格した人だけがなれる資格というイメージですが、実は税理士となれる資格が有る人は他にもいるのです。
具体的には、2年以上税務署に勤務をし税理関係の職種につき、尚且つ指定された研修を受けた人。
税理士試験に合格した人。
税理士免除を免除された人。
さらに、弁護士や公認会計士も税理士としての資格があるそうです。
これは意外でした。

税務関係の仕事がしたくて税務署に勤務する人はいるでしょうが、将来的に税理士になるために弁護士になる人はいないのではないでしょうか。
しかし、弁護士の仕事の中には企業の税務や個人の納税関係、例えば相続税など税に関することも多いのも確かです。
また、弁護士や税理士に比べて馴染みの薄い公認会計士ですが、具体的に税理士の仕事とどう違うのでしょうか。
一般的に間違えられやすい税理士と公認会計士について、異なる部分を簡単にご説明しましょう。
税理士の業務は税務業務となります。
具体的には、納税者に代わり税務申告を行ったり、書類を作成したり、税務相談が中心になります。
また、中小企業または個人事業主などが得意先となります。
一方、公認会計士は企業の財務諸表が適正であるかを評価する監査業務が中心となります。
監査義務があるのは資本金5億円以上の株式会社のため、得意先は大企業となります。
このように、公認会計士と税理士の間にはこうした業務の異なりが明確に存在しています。

最初に述べたように税理士になるためには様々な方法がありますが、ここでは一番一般的であろう国家試験を受験して合格する道について述べていきたいと思います。

試験合格への道のりとその後

税理士国家試験へ合格するために、独学では無理だと思ったら専門学校へ進むという方法もあります。 そこでは合格へのノウハウを教わることができます。 努力の末、合格した税理士試験。 しかし、税理士として独り立ちするためには、試験合格だけではありません。

TOPへ戻る